プレゼンテーション

プレゼンテーションを『相手に自分の期待する行動をとるように説得すること』と定義すると、ロビンソンクルーソーにはプレゼンテーションは必要ないかもしれませんが、グローバル化した現代では約70億人の人達にプレゼンテーションを行う機会が急激に増えています。

 

それでもプレゼンテーションをしない生き方を貫くのは自由ですが、相手に自分の期待する行動をとって貰いたい人には、プレゼンテーションの重要性は高まっています。しかし、残念ながら下手なプレゼンテーションがあまりにも多いので問題だと思います。


私はプレゼンテーションに自信があるので(例えば、海外のセミナで数百人の聴衆の前で英語のプレゼンテーションを行った時のアンケート結果は5ポイント評価で4.7となり数十人の講演者の中で一番でした)、プレゼンテーションのやり方を教えてあげようと思いました。

 

しかし、私はプレゼンテーションのやり方を体系的に勉強したことがなかったので最近数冊の本を読みましたが、私が無意識に自然に行っていたことばかり書いてあり体系化することには役立ちましたが、残念ながら新たな発見はありませんでした。

 

インターネットで調べると、プレゼンテーションの本や研修の多さに驚かされました。こんなにたくさんの本や研修があるのだから需要も大きいのではと思いますが、何故こんなにプレゼンテーションの下手な人達がいるのか疑問が湧きました。

 

プレゼンテーションの下手な人は、プレゼンテーションが上達したい気持ちが弱いのではないでしょうか。このような人達がプレゼンテーションの本を読んで研修を受けても上達しないと思います。私はプレゼンテーションを本当に上達したいと思う人に、上達の速度を速める手伝いをしたいと考えています。

少し飛躍しますが、どうすれば幸福になれるかの本や研修もたくさんありますが、本人が本当に幸福になりたい気持ちがなければ幸福にはなれないと思います。私は、本当に幸福になりたい人達とのつながりを大事にしたいと思います。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Rachel Wynkoop (水曜日, 01 2月 2017 20:44)


    Hello, I want to subscribe for this web site to take most up-to-date updates, so where can i do it please help out.

  • #2

    Elly Galicia (金曜日, 03 2月 2017 03:43)


    This site was... how do I say it? Relevant!! Finally I've found something which helped me. Cheers!